モーションロゴ

効果的なモーションロゴの考え方

これからモーションロゴ制作もしていきたいと考える「LOGO-ONE」の
考え方の一つをご紹介します。

先日、ディレクションラボ主催の『DN祭』のロゴコンペに応募しました。
下記が概要です。

【概要】
ディレラボ夏祭り2019
「クリエイティブの価値ってそんなにちっぽけじゃないぜ!」

■ロゴは
①シンボルマーク ②ロゴタイプ ③ロゴマーク

■どれでも応募可能
ただし、ロゴタイプは「DN祭」の3文字を必ず使用すること。
フルカラーと単色仕様に耐えるデザインパターンも添えてください。
応募いただいたロゴの中から、1つを公式ロゴとして採用させていただきます。

■応募方法
ハッシュタグ #DN祭 を記載して、ロゴ画像をツイッターに投稿
・一人での複数応募も可

■審査基準
DN祭の楽しさ、盛り上がり、クリエイティブの価値を世に広げ、
浸透させるのにふさわしいロゴであること。

 

今回はコンペということもありロゴを作るに際し、
情報がかなり少なく、自由度が高く、
ロゴの提案ですが各々のツイート方法で
展開などを発表している場でもありました。

採用されたいという気持ちより自由なロゴ制作の場から
新たな挑戦で自分の学びの場にしたかったというのが本音です。

以前よりモーションロゴが気になっていました。
これから5Gに変わっていく中で
ロゴも簡単に動く時代になると考えていたので、
この形にとらわれないコンペで
モーションロゴを作ることを裏テーマにしました。

衝撃を受けたモーションロゴ

昨年、刷新があった大阪メトロのVI。
その中でモーションロゴが自分の中で衝撃的でした。
ロゴ自体はメトロの「M」で構成されていますが、
立体的な考え方が含まれています。
螺旋階段の「らせん」になっているんです。
この「M」を正面から見ると大阪の「O」、
螺旋を横から見ると「M」になるというモーションロゴ。
おそらく、らせんは未来にも続いていくという
ポジティブなイメージも含んでいるのでしょう。

大阪メトロ モーションロゴ

動くことを踏まえて形を作る

イベント内容が未定な部分も多いとのこと。
サイトからは、

「クリエイティブの価値ってそんなにちっぽけじゃないぜ!」
「クリエイティブの価値を世に広げ、浸透させる」

という内容を外向きに伝えたいのだとわかります。

クリエイティブなイベントなので
トークイベントや制作の公開、物販がメインになるであろうと仮定して進めます。

このイベントが接点となり色々なところへ
価値を広げていくことがこのイベントの目指すところ。。。

接点、広がり。。。

。。。。。。。。。

網目状のラインを思いつきました。

デザインコンセプトは
人や知識に出会う、広める
とします。


ノートに手書きします。











ポジティブイメージの右肩上がりのラインと横のラインで構成した
タイポをいくつか考えます。

これを清書し、できたのがこちら↓

ただ、このままでは言葉での補足がかなり必要です

「大阪メトロ」のロゴは止まっていては見えないことも
動くことで補足されているん
です。

そこで、動きで補足したいと考えました。

  1.  画面の四方からラインが入ってくる(インプット)
  2. 四方から入ってきたラインが交わり文字を構成(人や知識との出会い/交点)
  3. 画面の四方へ抜けていく(広めるアウトプット)
  4. ロゴが残り仕上げの黄色いラインが伸びてくる

このような動きがつくことで
伝わりづらかったコンセプトを伝えることができます。

今回は、素晴らしい動画を作られる
B_SUGlZAKl@映像クリエイター(@B4ka1saku)さんにお願いします。

お願いしたその日に快諾のお返事をいただいたので、
コンペに共同制作で参加していただくことになります。

上記の内容を伝え、
数日後にアップしていただいたモーションロゴがこちら↓

とてもいい感じに仕上げていただきました。

コンセプトに沿った動きをつける

ロゴ単体では補足説明が必要なものも
動きをつけることでそこを補うことができます。

新たな動きコンセプトを考えてもいいと思いますが、

デザインコンセプトの段階で
立体的な構造や動きを視野に入れて
シンボルを形作っていくと
効果的に見せることができることがわかりました。

モーションを入れることにより、
デザインコンセプトを動きに盛り込むことができる
今後発展間違いなしです。

コンペ自体は残念な結果に終わったのですが
自分の考えでモーションロゴが制作できることは
間違いなく次の自信になりました。

制作に関わっていただいた
B_SUGlZAKl@映像クリエイターさん
ありがとうございました!

これからもどんどん挑戦していきたいと考えています!

コンペで選ばれた作品は下記のリンクへ↓

かわいく愛されそうなマークです。

ディレラボ夏祭りの
動きもこれから注目です!

ディレラボ夏祭り2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です